100 分 de 名著 資本 論。 NHK 100分de名著 カール・マルクス『資本論』2021年1月

NHK 100分de名著 カール・マルクス『資本論』2021年1月

分 論 資本 de 100 名著 分 論 資本 de 100 名著

ナショナリズムにむかう心 「昭和維新試論」(解説:中島岳志)• ぜひ、安全に視聴できる環境で、ドラマや映画を視聴することをお勧めします。 2011・2012年度:「100分 de 名著 -Theme-」(作曲・)• 資本が「無限に終わらない価値増殖運動である」ことを見抜いたマルクスは、価値増殖をもたらすのが、労働者が受け取る賃金とそれを超えて生み出される商品の価値との差額であることを明らかにし、これを「剰余価値」を呼んだ。 この場合、表示された獲得数での獲得はできません。

4

NHK 100分de名著 カール・マルクス『資本論』2021年1月

分 論 資本 de 100 名著 分 論 資本 de 100 名著

それを斎藤さんの論に、ありありと感じたというのはどういうことか。 2014年1月2日 22:00 - 23:40 『100分de幸福論』• いわば資本によって公共財が解体され「希少性」が人工的に生み出されていった。 一流の研究者や作家が講師を担当、読者に語りかける平易な文体と脚注や図版を駆使した丁寧なページ構成で、名著の魅力を伝えます。

‎Apple BooksでNHK 100分 de 名著 カール・マルクス『資本論』2021年1月を読む

分 論 資本 de 100 名著 分 論 資本 de 100 名著

今にして思うと、「大洪水の前に」の初版が2019年4月ですから本当に早い時期の幸運な出会いでした。

18

【感想】100分de名著 マルクス“資本論”(2)「なぜ過労死はなくならないのか」|綿樽 剛@ADHDアナドレン|note

分 論 資本 de 100 名著 分 論 資本 de 100 名著

だがスティーブ・ジョブズを筆頭に、IT業界のトップはわが子にデジタル・デバイスを与えないという。 この概念は、私たちに多くのものをクリアに見せてくれる「レンズ」の役割をします。 10 「」 若松英輔 語り:小口貴子 朗読:長塚圭史 11 2018年4月「法華経」再放送 12 伊集院光 安部みちこ ドストエフスキー「」 亀山郁夫 語り: 朗読: 2020 1 「」 語り:目黒泉 朗読: 出演: 2 「力なき者たちの力」 朗読: 3 スペシャル 第1回 知的好奇心が未来をつくる「」 第2回 人類にとって「進化」とは何か「」 第3回 科学はユートピアをつくれるか「」 第4回 技術者への讃歌「」 瀬名秀明 朗読: 4 「」 和田忠彦 朗読: 語り: 第1-2回 、 第3-4回 5 2019年5月「平家物語」再放送 6 伊集院光 安部みちこ 「」 西研 語り:小坂由里子 7 「」 先崎彰容 朗読: 語り:小口貴子 8 「」 河合俊雄 朗読: 語り: 同年8月30日14:30再放送。

100分de名著【資本論】第1回~4回見逃し動画無料視聴する方法!

分 論 資本 de 100 名著 分 論 資本 de 100 名著

この刺激的な言葉は私の脳裏にはりついて離れなかったのですが、この言葉をありありと体験する出来事がありました。 もともと水や土地、エネルギーといった公共財は無償であり潤沢に存在していた。 一方で一部の人はますます富をため込んでいく。

5

100分de名著 マルクス“資本論” (2)「なぜ過労死はなくならないのか」

分 論 資本 de 100 名著 分 論 資本 de 100 名著

『資本論』で構想された持続的で平等な未来社会とは?古臭い「コミュニズム」のイメージを覆し、『資本論』を社会変革に向けた実践の書として捉え直す、まったく新しいマルクス論。

100分de名著

分 論 資本 de 100 名著 分 論 資本 de 100 名著

2019年2月に、フランス文学者の鹿島茂さんと思想家の内田樹さんと、サルトルとカミュについて鼎談した折、帰路でたまたま内田樹さんと銀座線の車内で二人きりになり、なぜだかマルクスの「ルイ・ボナパルトのブリュメール18日」のお話になったのです。 2011年度• 『資本論』で構想された持続的で平等な未来社会像とは?ソ連型の社会主義とマルクスの目指した「コミュニズム」は何が違うのか。

4