山田 長政。 山田長政小傳

【日本人なのに他国の王に】静岡の偉人、山田長政!【なぜわたしはタイに行くのか】

長政 山田 長政 山田

当初、武士として出世を望んでいましたが、 関ヶ原の戦い以後は平和になり、武士の仕事が減ることを考えた結果、商人として生きる道を選びます。 『 ヤマダ アユタヤの侍 (、)』 ・・・タイ映画(2010年)• 長政は幕府の老中土井大炊頭利勝・本多正純に斡旋状を送り、日暹の国交・親善に尽力した。 長政は、王子の御教育にあたって、日本の武士道精神を王子の幼い魂にきざみつけることと、王子が国王となられた時のお手本として日本の皇室の御恩徳をお知らせすることを第一としていました。

11

シャムの英雄・山田長政の雄姿を見よ!

長政 山田 長政 山田

だが長政の地位を決定的なものにしたのは、なによりも貿易商としての飛び抜けた才覚であった。 Sponsored Link• 二十何歳でシャムへ渡つた長政は、やがて日本人町の頭になりました。 山田長政もこれに含まれます。

16

山田長政小傳

長政 山田 長政 山田

聞けば、海の向こうには広い天地があり、そこには日本人も盛んに活動しているという話でした。 南北約570メートル、230メートルの敷地に最盛期で、 1000~1500人の日本人が暮らす活気に満ちた町であったようです。 当時のシャムは国内外で戦争が絶えず、そこで日本から渡ってきた浪人が戦士として登用され活躍していました。

1

山田長政

長政 山田 長政 山田

17世紀の初頭、東南アジア各地に日本人移住者の集団居住地、「日本人町」が形成されていた。 シーウォーラォンの即位に反対する長政は、宮廷内で反感を買い左遷させられてしまったのでした。

シャムで活躍した山田長政とアユタヤの日本人町~~朱印船貿易と東南アジアの日本人4

長政 山田 長政 山田

十七世紀のはじめまでには、アユタヤの南東に各国の外国人たちが集まる外国人町が作られ、日本人もまた自分たちの町を形成していた。 この関係で首都から地方に追いやられ、六昆(リゴール)の王となる。 残念ながらその当時はすでに徳川の世となり、人々は太平を謳歌していた。

12

シャムの英雄・山田長政の雄姿を見よ!

長政 山田 長政 山田

<目次> 山田長政の略歴 山田長政は1590年に駿河国(静岡県)で生まれました。 115• ソンタム王は、長政の武勇と才知と徳の高いことに深く感じて、王子の御教育を長政に任せておいでになりましたが、王子も長政が大好きで、よくなついておいでになりました。 ・・・・さらにソンタム王からのもう一つのすばらしい贈りものは、清楚な衣装をつけ、恥らいに身を固くするナリニー姫であった。